-
Molk@Taoist
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Fall of Freddie the Leaf
2012年 01月 21日 (土) 17:46 | 編集
The Fall of Freddie the Leaf:
A Story of Life for All Ages,
by Leo Buscalgia

葉っぱのフレディーの落ちるとき:
すべての人のための大いなる命の物語、
作者 レオ・バスカ-リア

試訳ver0.1

Spring had passed. So had Summer. Freddie, the leaf, had grown large. His mid section was wide and strong, and his five extensions were firm and pointed. He had first appeared in Spring as a small sprout on a rather large branch near the top of a tall tree.

春が過ぎました。そして夏もまた過ぎました。葉っぱのフレディーはすっかり大きくなりました。体は広く頑丈になり、五つに伸びた葉っぱの先はしっかりとんがっていました。この春先までは、高い木のてっぺん近くにある大きな枝にちょこんとのっている小さな芽だったのに。

Freddie was surrounded by hundreds of other leaves just like himself, or so it seemed. Soon he discovered that no two leaves were alike, even though they were on the same tree. Alfred was the leaf next to him. Ben was the leaf on his right side, and Clare was the lovely leaf overhead. They had all grown up together. They had learned to dance in the Spring breezes, bask lazily in the Summer sun and wash off in the cooling rains.

フレディーは自分とおんなじ葉っぱに囲まれていると思っていました。
でもすぐに気づきました。おんなじ木にいるからって、おんなじ葉っぱなんて一つも無い事を。
アルフレッドは彼の隣の葉っぱ。ベンは右側、そしてクレアは上のほうにいるかわいい葉っぱ。みんな一緒に大きくなりました。春のそよ風の中で踊り方を、夏の日差しの中でのんびりした日向ぼっこを、涼やかな夕立の中で体の洗い方を学んできました。

But it was Daniel who was Freddie's best friend. He was the largest leaf on the limb and seemed to have been there before anyone else. It appeared to Freddie that Daniel was also the wisest among them. It was Daniel who told them that they were part of a tree. It was Daniel who explained that they were growing in a public park. It was Daniel who told them that the tree had strong roots which were hidden in the ground below. He explained about the birds who came to sit on their branch and sing morning songs. He explained about the sun, the moon, the stars, and the seasons.

だけど、フレディーの一番の友達はダニエルでした。彼は同じ枝の誰よりも大きく、誰よりも前からそこにいるようでした。フレディーにはダニエルが一番の物知りのように思えました。自分たちが木の一部だってことも、公園の中で生きてるってことも、目に見えないけど、木は地面の下にとっても丈夫な根を張ってるってこを教えてくれたのもダニエルでした。彼は、自分たちの枝にやってきて朝の歌を歌ってくれる鳥たちについて教えてくれたし、太陽や、月や、星や、季節についても教えてくれました。

Freddie loved being a leaf. He loved his branch, his light leafy friends, his place high in the sky, the wind that jostled him about, the sun rays that warmed him, the moon that covered him with soft, white shadows. Summer had been especially nice. The long hot days felt good and the warm nights were peaceful and dreamy. There were many people in the park that Summer. They often came and sat under Freddie's tree. Daniel told him that giving shade was part of his purpose.

フレディーは葉っぱだって事がとっても気に入っていました。自分のいる枝、軽やかな友達、空高くにある自分の居場所、かけぬけていく風、あったかい太陽の光、柔らかな影で包んでくれる月が大好きでした。夏は特に素敵でした。長く熱い昼は気持ちよく、暖かい夜は穏やかで夢のようでした。その夏、公園はたくさんの人でにぎわっていました。そして,良くフレディーの木の下にやって来て休みました。日陰を作ってあげることが君の役割だよとダニエルが言いました。

"What's a purpose?" Freddie had asked.

「役割って何」とフレディーがたずねました。

"A reason for being," Daniel had answered. "To make things more pleasant for others is a reason for being. To make shade for old people who come to escape the heat of their homes is a reason for being. To provide a cool place for children to come and play. To fan with our leaves the picnickers who come to eat on checkered tablecloths. These are all the reasons for being."

「生きている目的さ」とダニエルが答えました。世界をみんなにとってもっと素敵なものにする事が生きているって事の目的なんだ。家の中の暑さをさけてやってくるお年寄りに木陰を作ってあげることが生きている目的。遊びに来る子供たちに涼しい場所を作ってあげるのも、チェックのテーブルクロスを広げて食事をしようとピクニックにやってくる人たちを僕たちの葉っぱで楽しませてあげるることも、みんな生きている事の目的なのさ。

Freddie especially liked the old people. They sat so quietly on the cool grass and hardly ever moved. They talked in whispers of times past. The children were fun, too, even though they sometimes tore holes in the bark of the tree or carved their names into it. Still, it was fun to watch them move so fast and to laugh so much.

フレディーは特にお年寄りが好きでした。お年よりは涼しい芝生の上に静かに腰かけたっきりほとんど動きませんでした。お年よりは昔の事をささやくように話しました。子供たちに会うのも楽しみでした。時には、木の肌に穴を開けたり、名前を彫ったりすることもありましたが、子供たちがすばしっこく駆け回り、大声で笑うのを聞くのは楽しい事でした。

But Freddie's Summer soon passed. It vanished on an October night. He had never felt it so cold. All the leaves shivered with the cold. They were coated with a thin layer of white which quickly melted and left them dew drenched and sparkling in the morning sun. Again, it was Daniel who explained that they had experienced their first frost, the sign that it was Fall and that Winter would come soon.

だけど、フレディーの夏はすぐに過ぎてしまいました。10月のある夜に跡形も無く消えてしまったのです。今までに一度も感じた事の無い寒さでした。すべての葉っぱがその寒さに震えました。葉っぱは薄く白い膜におおわれました。朝日が昇るとそれは、すぐに溶け、びっしょりとした露になり、はじけて消えてしまいました。ダニエルが初霜だよと教えてくれました。秋になったよ、もうすぐ冬が来るよというお知らせでした。

Almost at once, the whole tree, in fact, the whole park was transformed into a blaze of color. There was hardly a green leaf left. Alfred had turned a deep yellow. Ben had become a bright orange. Clare had become a blazing red, Daniel a deep purple and Freddie was red and gold and blue. How beautiful they all looked. Freddie and his friends had made their tree a rainbow.

あっという間に、木全体が、実際、公園全体が燃えるような色に染まりました。緑の葉っぱなんてどこにも残っていません。アルフレッドは濃い黄色に、ベンは明るいオレンジに、クレアは燃えるような赤に、ダニエルは濃い紫に、そして、フレディーは赤と金と青の3段に染まりました。みんなのきれいな事といったらありません。フレディーは友達と一緒に自分たちの木を虹のように彩りました。

"Why did we turn different colors," Freddie asked, "when we are on the same tree?"

"Each of us is different. We have had different experiences. We have faced the sun differently. We have cast shade differently. Why should we not have different colors?" Daniel said matter-of-factually. Daniel told Freddie that this wonderful season was called Fall.

「おんなじ木の上にいるのに、どうして僕たちはみんな違う色に染まったの。」とフレディーがたずねました。

「1人ひとりが特別なんだ。僕たちはみんな違う経験をしているでしょ。太陽を浴びる角度だって違うし、落とす影だって違うだろ。だから、おんなじ色になんてなりっこないんだよ。」ダニエルは、さも当たり前のように言いました。そして、この素敵な季節は秋と呼ばれているんだと教えてくれました。

One day a very strange thing happened. The same breezes that, in the past, had made them dance began to push and pull at their stems, almost as if they were angry. This caused some of the leaves to be torn from their branches and swept up in the wind, tossed about and dropped softly to the ground. All the leaves became frightened.

ある日、とても変な事が起きました。昔、みんなを踊らせたあのそよ風が、怒ってでもいるみたいに、茎を押したり引っ張ったりし始めたのです。そのせいで、ある葉っぱは、枝から引き離され、風に巻き上げられ、投げ出され、ふわりと地面に落ちてしまいました。すべての葉っぱが怖さに震えました。

"What's happening?" they asked each other in whispers.

"It's what happens in Fall," Daniel told them. "It's the time for leaves to change their home. Some people call it to die."

「何が起こっているの。」みんながささやき合いました。

「それはいつも秋に起こることなんだ。」とダニエルがみんなに言いました。「葉っぱがその居場所を変えるときなんだ。それを死というふうに呼ぶ人もいるけどね。」

"Will we all die?" Freddie asked.

"Yes," Daniel answered. "Everything dies. No matter how big or small, how weak or strong. We first do our job. We experience the sun and the moon, the wind and the rain. We learn to dance and to laugh. Then we die."

"I won't die!" said Freddie with determination. "Will you, Daniel?"

"Yes," answered Daniel, "when it's my time."

"When is that?" asked Freddie.

"No one knows for sure," Daniel responded.

「みんな死ぬの。」とフレッドがききました。

「うん。」とダニエルが答えました。「すべてのものが死ぬんだよ。大きいものも小さいものも。弱いものも強いものもね。僕たちは先ず役割を果たし。太陽や月、風や雨を知り。踊ったり笑ったりすることを学び。そして、死ぬんだ。」

「死にたくない。」とフレディーは強い口調で言いました。「君はどうなんだい、ダニエル。」

「死ぬさ。」とダニエル。「自分の番になったらね。」

「いつがその時なの。」とフレッドが尋ねました。

「誰にも確かなことはわからない。」とダニエルが答えました。

Freddie noticed that the other leaves continued to fall. He thought, "It must be their time." He saw that some of the leaves lashed back at the wind before they fell, others simply let go and dropped quietly. Soon the tree was almost bare.

フレディーは周りの葉っぱが落ち続けているのに気づきました。
「順番がきてるんだな。」と彼は思いました。
落ちる前に風に逆らう葉っぱもあれば、なすがままに静かに落ちる葉っぱもありました。まもなく、ほとんどの葉が落ちてしまいました。

"I'm afraid to die," Freddie told Daniel. "I don't know what's down there."

「死ぬのが怖いよ。」フレディーはダニエルに言いました。「あの下にはいったい何があるの。」

"We all fear what we don't know, Freddie. It's natural," Daniel reassured him. "Yet, you were not afraid when Summer became Fall. They were natural changes. Why should you be afraid of the season of death?"

「僕たちはみんな知らないものを怖がるんだ、フレディー。それは自然なことさ。」とダニエルは彼を落ち着かせた。「だけど、君は夏が秋になった時には怖がらなかったね。それは自然な変化だった。だったら何故死の季節を恐れなきゃならないんだい。」

"Does the tree die, too?" Freddie asked.

"Someday. But there is something stronger than the tree. It is Life. That lasts forever and we are all a part of Life."

"Where will we go when we die?"

"No one knows for sure. That's the great mystery!"

"Will we return in the Spring?"

"We may not, but Life will."

"Then what has been the reason for all of this?" Freddie continued to question. "Why were we here at all if we only have to fall and die?"

「木も死ぬの。」とフレディーはたずねた。
「いつかはね。だけど、木より強いものがあるんだよ。それはね、大いなる命というものなんだ。大いなる命は永遠に続いているもので、僕たちみんながその一部なんだ。」
「死んだらどこへ行くの。」
「誰も確かめたものはいないんだ。それは大きな謎さ。」
「春にはまた戻ってこれるの。」
「僕たちは戻れないかもしれない。でも、大いなる命は別さ。」
「だったら、このすべてはいったい何のためなの。」フレディーはたずね続けた。「落ちて死ぬだけだとしたら一体全体どうして僕たちはここにいたの。」

Daniel answered in his matter-of-fact way, "It's been about the sun and the moon. It's been about happy times together. It's been about the shade and the old people and the children. It's been about colors in Fall. It's been about seasons. Isn't that enough?"

ダニエルは落ち着いた様子で答えました。「太陽と月。一緒過ごした幸せな時。木陰とお年寄りと子供たち。秋の紅葉。それぞれの季節達。それでは足りないのかい。」

"That afternoon, in the golden light of dusk, Daniel let go. He fell effortlessly. He seemed to smile peacefully as he fell. "Goodbye for now, Freddie," he said.

その日の午後、夕焼けの中でダニエルは行ってしまいました。彼は難なく落ちていきました。にっこりと笑っているようにさえ見えました。「じゃ、さよなら、フレディー。」と言いのこして。

Then, Freddie was all alone, the only leaf on his branch. The first snow fell the following morning. It was soft, white, and gentle; but it was bitter cold. There was hardly any sun that day, and the day was very short. Freddie found himself losing his color, becoming brittle. It was constantly cold and the snow weighed heavily upon him.

そして、フレディーは一人ぼっちになりました。彼の枝の最後の一枚になったのです。次の朝、初めて雪が降りました。雪はやわらかく、白く、穏やかでした。しかし、それは体が千切れるくらいに冷たいものでした。その日は太陽の光を見る事も無く、昼があっという間に終わりました。フレディーはすっかり色を失い、弱々しくなっているのでした。寒さが続き、雪は彼の上に重くのしかかりました。

At dawn the wind came that took Freddie from his branch. It didn't hurt at all. He felt himself float quietly, gently and softly downward. As he fell, he saw the whole tree for the first time. How strong and firm it was! He was sure that it would live for a long time and he knew that he had been part of its life and made him proud.

明け方、風が来て、フレディーを枝から落としてしまいました。まったく痛くはありませんでした。彼は静かに、穏やかに、やわらかくふわふわ浮かびながら落ちていくのを感じました。その時、彼は初めて木のすべてを見ました。なんて堂々として立派なんだろう。その木は確かに長い間生き続けるだろうとフレディーは思いました。そして自分がその命の一部だった事を知り誇らし息分になりました。

Freddie landed on a clump of snow. It somehow felt soft and even warm. In this new position he was more comfortable than he had ever been. He closed his eyes and fell asleep. He did not know that Spring would follow Winter and that the snow would melt into water. He did not know that what appeared to be his useless dried self would join with the water and serve to make the tree stronger. Most of all, he did not know that there, asleep in the tree and the ground, were already plans for new leaves in the Spring.

フレディーは雪のかたまりの上に降りました。雪はやわらかくて、温かくさえ感じられました。この新らしい場所で、今までに無い安らぎを感じました。そして目を閉じ、眠りにつきました。
フレディーは知りませんでした。
春が冬の後に来ることを。そして、雪が解けて水になる事を。
フレディーは知りませんでした。
彼の干からびて乾いた体がやがて水に溶け、木の栄養になる事を。
フレディーには思いもよりませんでした。
今は、木や大地で眠っているけれど、やがて春には若葉となる用意がすでに整っているという事を。
スポンサーサイト
copyright (C) Molk@Taoist all rights reserved.
designed by polepole...

anamolkist souiku.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。